伝説巨鳥パボラス『ブロンゴイル』受付中。
伝説巨鳥パボラス『ブロンゴイル』が発売になります。

今回のカラーはブロンズ像をイメージした塗装です。
ベースには数種類のカッパーを使用し、銅特有の緑錆をエイジング仕上げで表現しました。


今回も杉山さんからオリジナルストーリーを頂きました。


                ***********

          擬態を得意とするパボラスは数種類存在している
             その代表ロックガーゴイルであろう
     ロックは岩に擬態することで捕食者から逃れ同時に獲物を待ち伏せる
        生物として擬態というのはとても有効な生存手段だと言えよう
            しかしこのブロンゴイルはとても奇妙だ
  ロックがありふれた岩肌に擬態するのに対しブロンゴイルはなんと銅像に擬態しているのだ
たしかに豊富な鉱物資源が眠るアバロン島において銅はそれほど珍しい金属ではないかもしれない
          しかし銅像というのは人なる物が手を加えた加工品だ
             それに擬態してどうするというのか?
            そもそも銅像をなぜ彼らが知り得たのか?

       一説にはこの島にかつて住んでいた古代人が信仰のため生み出した
      無数の銅像に擬態することで祈りを上げに来た人々を襲ったのだろうという
    しかし私はこの説には懐疑的だ、たしかにこの島にはかつて高度な技術を持った先人が
               住んでいたのは間違いないだろう
    だが彼らの神は石像という形で痕跡を残すのみであって銅像は一つも発見されていない
      しかも彼らの神はどうやら人型をもした髑髏のような物であった様だ、
          ゆえにパボラスが銅像化したところで直ぐ分かってしまうのだ
            そもそもこんな手段はあまりに効率が悪く馬鹿げている

        さらに一説には銅が多く埋蔵された洞窟に住んでいたパボラスが
               火山の熱で気化した銅を浴びてこうなったという
        しかしこれもあまりに非科学的でとても科学者でもある私には
                 とうてい受け入れることが出来ない

                   果たして彼らは何者なのか
               そしてどのようにこれまで生存して来たのか
           謎が謎を呼ぶブロンゴイルパボラス、永遠のミステリアスボーイ
           ただ一つ言えることは彼らは今確かに存在しているということだ

          ベックフォード3世著「アヴァロン島探検箪譚」第七章六十三項より


                 *************



①伝説巨鳥パボラス 『ブロンゴイル』  9800円

CIMG2487.jpg

CIMG2492.jpg

CIMG2528.jpg





通信販売は7月4日から開始します。

抽選受付期間 2009年7月4日00時00分~7月8日20時00分まで。

受付期間内に monstock_2@yahoo.co.jp 宛てに

お名前

郵便番号

ご住所

電話番号

携帯電話番号

メールアドレス

商品名


以上をご記入漏れの無い様に送信して下さい。

タイトルは

「パボラス ブロンゴイル通販希望」

とご記入下さい。

記入漏れ、タイトル違いはこちらのアドレスでは受け付けません。

今回の商品によっては製作後に随時入荷する商品の為、店頭受け渡しが十分に対応出来ません。
申し訳ありませんが通販のみとさせて頂きます。


今回の商品は全品抽選販売になります。


ご注文確定後のキャンセルは不可です。キャンセルのお客様は以後の販売をお断りいたします。

当店通販をご利用のお客様は上記をご了承頂ける方に限らせていただきます。
宜しくお願いいたします。



その他、ご不明な点がありましたら営業時間内に店頭へ直接又は電話でお問い合わせ下さい。



スポンサーサイト