石のようなモアイロボ!登場!!!


海外人気の高いモアイロボが石像風で登場です!

モアイは石像風仕立てがとても良く似合います!



20130721-3.jpg
※当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
全ての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。


成型色は黒目のダークグレーを使用。

ウェザリングは白塗料を使用し化石や大理石っぽい雰囲気が出ています。

今回は海外用から国内分を分けてご用意します。
通常より国内分は少な目になります。ご了承下さい。



杉山さんのストーリーはこちら↓



『モアイロボ ストーン・マウンテン』


アバロン島の東側には島で3番目に高い灰色の山がある。

良質の石灰岩が取れることから古代人が石切場として使っていたようで
ストーン・マウンテンと呼ばれている。

私がその石切場に調査におもむいたのはガンボ族から気になる伝承を聞いたからだ。
なんでもストーン・マウンテンにはとてつもなく巨大なモアイロボが眠っているという。

山の調査を始めて3日目、ついに山の西側の斜面で古代の石切場が広がっているのを発見した。
無数の岩のブロックが散乱しているその中心にそれはあった。

モアイロボだ、岩にまぎれるように埋まっている。

しかしそれはスタンダードなサイズのモアイロボだった。

伝承とはおおむねそんなものである、私は特に落胆もせずにその灰色のモアイロボの調査を開始した。
保存状態は素晴らしく今にも動き出しそうだ。
もしかしたら本当に動くかも知れないと思い腹の三角の紋章を押してみた、
すると岩が砕けるような大きな音と共にモアイロボが動き出したのだ。

やったぞ!

いや何か様子が違う、私は悪い予感がして隊員に早く離れるよう指示した。

その時灰色のモアイロボ目が黄色く光ると、
なんと周囲の岩が震えながら宙に浮かんだのだ、

そしてモアイロボを中心にグルグルと回転しながらしだいにモアイロボに集まってくる。
まさに岩の竜巻だ!こんな物に巻き込まれてはひとたまりもない、
私は間一髪の所で山の斜面に飛び込み身を隠した。

「みんな大丈夫か!!」

「はい大丈夫です、それより隊長アレを見て下さい!!」

間宮君の叫び声に私が振り向くと驚くべき事に
岩が次々とモアイロボに吸い付きやがてそれはとてつもなく巨大なモアイロボに成長していた。


「アバロン島探険譚」第十五章十項より



①伝説岩人モアイロボ『ストーン・マウンテン』 6980円
受付時間2013年7月22日00時00分~7月27日22時00分まで。

20130721-1.jpg

20130721-2.jpg


お申し込みはお早めに!!



*限定品ご購入方法は下記を必ずご確認下さい。



※当商品は数量限定商品です。
一人でも多くのお客様に直接品物をお届けする為に転売行為・複数購入をお断りしております。
申し訳ございませんが複数購入・代理購入・転売目的・2次販売目的のお客様への販売をお断りさせて頂きます。



 
受付期間内に monstock_2☆yahoo.co.jp(☆は@に直して下さい。) 宛てに

お名前

郵便番号

ご住所

電話番号

携帯電話番号

メールアドレス

商品名

以上をご記入漏れの無い様に送信して下さい。



今回の商品の個数制限は、

1家族1住所1個。

とさせて頂きます。


生産の都合上、店頭受け渡しが十分に対応出来ません。
申し訳ありませんが通販のみとさせて頂きます。



タイトルは


「モアイロボ・ストーンマウンテン期通販希望」


とご入力下さい。

抽選販売の為、他の商品とまとめての注文は出来ません。
必ず種類別にお申し込み下さい。



記入漏れ、タイトル違いはこちらのアドレスでは受け付けません。

今回のソフビは抽選販売品です。

購入権確定者のお客様のみ返信いたします。

ご注文確定後のキャンセルは不可です。キャンセルのお客様は以後の販売をお断りいたします。



お支払い方法:現金書留

発送方法:西濃運輸(送料はご負担下さい。)



当店通販をご利用のお客様は上記をご了承頂ける方に限らせていただきます。
宜しくお願いいたします。


その他、ご不明な点がありましたら営業時間内に店頭又は電話でお問い合わせ下さい。
スポンサーサイト